Blog

  1. HOME   /  
  2. Blog

リヤトリム。

MINIのリヤトリム(後部座席の内装内貼り)ですが、ご覧の通り….。

この車に限った事ではありませんが、多くの英国車の内貼りのベースにはこの種の厚紙のタイプが多くの箇所に使用されており、
結構コイツが手強い(悪さをする)ワケで…

車内に水気を拾い易いクラシックMINIでは、長年の湿気とでベースの変形や、劣化、そしてカビなどで虫食まれているケースが殆どです。

今回は、リヤトリムのベースが朽ちてるという事で、補修を行いました。




ベースの状態を確認しつつ、根気強く金具を一箇所ずつ外していきます~

結構な数で張り付けてあったので、今回はなかなかの獲れ高でした。



コスト+再発の対策という事で、今回はプラ段にてベース作成です。


バシバシっとタッカーで張り込んで、車両へ組み付けします~
外れ掛かっていたリヤトリムも、これで一応元通りです。









ナンバー変更でお預かりのSkylineも無事に終了し、納車完了です。


蓮華院誕生寺奥之院クラシックカーフェスティバル2017

先日からお伝えしていた、蓮華院誕生寺奥之院クラシックカーフェスティバル2017に参加しました。


第一回の地元開催のクラシックカーイベントという事で、

どの様な感じになるのか期待も含めて楽しみにしていましたが天気にも恵まれ、素晴らしいイベントでした!


クラシックカーが一度に観れる機会は、一般の方を含めなかなかないので、
続けていって是非定着して欲しいと願う次第です~

↑HONDAのDOHCユニットはいつ見ても心躍ります(コンディションも含め、オーナーの気持ちが伝わってきます)



同時開催で盆梅展とお茶漬けグランプリなるイベントも開催されており、

一般の来場客も多く、すごい賑わいでした




入口から早々、”ヨタハチ”ことトヨタスポーツ800が2台もフードオープンでお出迎え~



巫女さん達も車の写真を撮ったりと、とってもアットホームな雰囲気で



同型車種でエントリーのお店やクラブなども、くつろいでいらっしゃいましたね!



FIAT500のオーナーさん達も、多数エントリーされていて

色々と貴重なお話を伺う事が出来ました~  有難う御座いました。


FIAT500(チンクエチェント)のホイール達はクロモドラやカンパニューロ等、どれも魅力的なデザインに溢れていますね


イベントのポスターにもなっていた、MGC GTもカフェレーサールックでとても雰囲気良かったです。



VW TYPEⅠのフード内はスタンドエンジンをしっかりとビンテージパフォーマンスで仕立ててあり、細部まで繊細な作りでした
クラブマンレーサーな AUSTIN A35。
個人的にもかなり気になっている車種なだけに、会場内でもオーナーさんを探してましたが見つからず、
会場を後にした際、駅の近くで停車されていたのを目にしたので引き返したんですが、手遅れでした….
次の機会を待つとします  (笑)

積雪とダイエット。


予報で心の準備はしていましたが、本日は雪がうっすらと。
久しぶりに平野部で降りましたが、慣れない分、ちょっとテンション上がります

途中では日が差したりで今日は何だか不思議な天気でしたね。


リアにネガティブキャンバーを入れる際のMINI 5Speed号の一コマ。

写真ではブレーキドラムから右に出ているアーム(ラジアスアームといいます)の摺動部には
グリスを入れる為のニップルが付いており、そこからグリスを注入するワケですが、
長年のグリスの地層が形成されている車を散見します。

5Speed号も例に洩れず、しっかりと地層が出来てました~
写真は既に発掘作業済のものなので、いかなる地層が出来ていたかはご想像にお任せしますが…. 汗




2kg弱位はあったであろうかと、グリス地層達…..
かなりのダイエットに貢献出来たと思います (笑)

そして今週末はクラシックカーフェスティバルです!
SWANKYではイベント参加の為、2月12日(日)は店休日とさせていただきますので
何卒宜しくお願い致します。



1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 35

熊本の片田舎、玉名市にある自動車修理販売店より、日常や作業風景をお伝えしています。

Category

  • Dialy (79)
  • Event (3)
  • For Sale (Cars) (6)
  • Maintenance (6)
  • News (14)
  • Repair (6)